日本での働き方について Vol.5

身だしなみは重要とされます

日本の就活は面接時にスーツを着ていくのが常識となっています。これは、面接を受ける側の礼儀であり、日本の作法と言えます。このように身だしなみについての注意点は多々あり、留学生の方ははじめて日本で就職をするときにわからないという方も多いです。

今回はそんな身だしなみについてまとめました。

身だしなみにおいて、日本企業には一定のルールがあるケースが多い

ヒゲはNG
派手なマニキュアはNG
きつい香水の香りはNG
…など。

日本企業では、身だしなみについて一定のルールがある場合が多いです。

日本企業が身だしなみにうるさいのは、周囲への気配りが理由

アメリカでは、髪の色や目の色や服装が違うのは当たり前ですね。
しかし、日本は同一民族なので、人と違うことがあまり、良しとされない風潮があります。

日本人は、相手がどう感じるかを気遣います。
皆が気持ちよく過ごすためにも身だしなみに関するルールがあるのです。

対策

日本の考え方を受け入れて理解しましょう。日本で働きたいと思うのであれば日本の作法にならうことも大切です。日本人は相手にどう思われるかということをとても気にして、身なり・言動・行動を注意します。
もし、働く上で注意を受けたとしても、日本の作法を学ぶ良い機会だと考え、前向きに受け入れていきましょう!

投稿者:jumpei

2016年01月29日更新