キャリアプランを明確化が外国人材の定着につながる

専門的知識を持った外国人は、高度外国人材と呼ばれ、日本のビジネスシーンにおいても年々存在感を増しています。グローバル化が進む昨今、国際感覚をもった貴重な人材である彼ら。高度外国人材を受け入れ、より長く働いてもらうためにはどういったことに気をつければいいのでししょうか。

日本人の考え方は通用しない

生まれ育った国が異なれば、当然ながら文化も違います。それはビジネス、就労環境にもいえることで、日本人が魅力に感じることを、外国人が魅力だと感じるとは限りません。

日本では、会社への忠誠心や恩義、つまり愛社精神が、長らく一般的なものとなってきました。高度経済成長時代を前提とした終身雇用という制度は、働く者にとって安定と安心をもたらすご褒美でした。しかし、多くの外国人とって、働くことはあくまでお金を稼ぐ手段です。ですから、自分のスキルアップや待遇にあわせて会社を変える、キャリアアップを図るというのは当然のことなのです。

合理的な考え方ではあるものの、雇用する立場としては、せっかく採用した優秀な人材には長く勤務し、会社の戦力として定着してもらいたいもの。採用にかけた時間やコスト、人材育成のための研修コストも無駄になりますし、新たな人材確保のための時間やコストがさらにかかってしまいます。

外国人が魅力を感じる就労環境とは

それでは、外国人が魅力を感じる就労環境を作るために、どういったことがポイントになるのでしょうか。

1.専門性を活かせる部門への配置・異動

高度外国人材においては、専門性や自分の技術力、スキルを活かしたいという強い思いを持つ人が多い傾向にあります。高度な専門性を十分に発揮できる仕組みを採用段階から考慮し、異動の希望の把握に努めるべきでしょう。

2.外国人社員の身近な相談相手となるメンターを配置するなど、相談体制の整備

国籍が同じ社員同士でのコミュニティをづくりなどを支援や会社の業務以外、生活や家族のことや、行政手続きなど、幅広い面からサポートも必要です。

3.キャリアアップのしくみを明確にする

頻繁にフィードバックを行い、仕事ぶりを評価していることを伝えます。外国人人材のキャリアの将来と会社の方向性のすりあわせを理解してもらうことも大事です。

4.能力や業績に応じた報酬

全社員共通の昇給昇進制度を整備し、不公平感をなくすことを進めましょう。そういったことも含め、昇進制度についてきちんと説明をつくすことが大切です。

5.仕事内容を明らかにする

日本人はなじみが薄いですが、海外ではいわゆる、ジョブディスクリプション、職務の内容を明記した職務記述書が活用されています。この内容はかなり細かく、役職、具体的な業務内容、成果目標、必要とされる経歴やスキルなどが記されているので、業務内か業務外かをジョブディスクリプションで判断されてしまうこともあります。ジョブディスクリプションにより仕事の範囲を明確にし、日本の独自の「それ以外の業務」の必要があるのなら、詳細に説明しておきましょう。

おわりに

「我が社で働けば、このようにスキルアップできる」ということを、目に見える形で具体化すること、それを外国人に向けてきちんとアピールすることが人材の定着につながります。場合によっては、組織の大きなシステム変更も必要になるかもしれませんが、一考の価値はあると思います。

投稿者:NSA Staff

2018年05月14日更新