優秀な中途人材を効率的に採用するための 選考方法や時期を見極めよう

新卒採用に関しては、スケジュールが組まれていることがほとんどですが、中途採用はどうでしょう。欠員補充のときに募集をかけるほか、中途採用が活発になる時期は決まっているのでしょうか?どの時期に募集をかけると、より効果的かつ優秀な人材を採用することができるのでしょう?

中途採用の市場動向は

中途採用は通年行われていると考えられていますが、年間において募集が増える時期が存在します。最も多いのが3~4月、次に9~10月となっています。これはそれぞれが年度の上半期、下半期の頭に該当するからだといわれています。

新しい年度のはじまりには、新ビジネスや組織改変などがあるため、異動者や退職者が増えます。人員を補充する必要があり、募集が活発化するのです。春入社の新卒社員とあわせ、研修を行いたいと考える企業も。

一方、求職者の側が転職の意思をかため、動き出すのは企業の人事異動が増える4、10月とボーナスが支給される6、12月が多いとされています。

これ以外の時期に採用活動を行うのにも、以下のようなメリットがあります。

  • 同業他社との競合を避ける
  • 新卒採用とは別に中途採用業務に専念できる
  • 長期休暇中などの採用なら、I、Uターン転職者など、通常では採用できない人材と出会える

選考にも工夫が必要

効果的に求人を行い、たくさんの応募があったとします。けれども選考がおざなりでは、よい人材を獲得することは難しくなります。また、せっかく採用した人材が、入社後すぐ離職してしまうことも避けなければなりません。そこで採用する側も、よりよい人材を獲得すべく選考プロセスにも知恵をしぼる必要があるのです。

採用前の適性検査の実施

新卒採用に行うイメージが強い適性検査ですが、中途採用においても人材の適性や特徴を知る指標として重要なものといえます。書類選考ではわからない部分、例えば社会人として基本的な知識を持っているか、自社にマッチする人材かどうかという点について確認することができるからです。

採用目的の明確化

このポジションはなぜ中途採用の人材を配置したいのか、どういった業務での活躍を期待しているのか。採用する側の目的がはっきりしていなければ、ミスマッチがおこりかねません。仕事内容やポジションについても、よくわかるように「見える化」しておきましょう。

実際の面接に入る前に、適性検査の結果と自社の採用基準を比較検討してみましょう。その結果から、面接に進む人物を選ぶことができれば、求めている人材の獲得につなげることができます。選考の短縮化も可能となり、効率よく選考活動が行えるはずです。

投稿者:NSA Staff

2018年07月30日更新