外国人材採用のメリットと留意点

労働力人口が減少しつづける日本において、人材の確保は喫緊の課題となっています。多様な人材の活用が求められるなかで、ユニークな価値観を持ち、日本人にはない視点を持つ外国人材の存在はますます大きくなっていくでしょう。一方でコミュニケーションの問題や慣習の違いなどの課題もあります。採用のメリットとともに、気をつけるべき点をまとめてみました。

外国人材登用のメリット

外国人材を採用する場合、次の4つのメリットを得ることができます。

海外とのパイプとなる

母国語と日本語を理解する外国人材は、海外との橋渡し役となってくれるでしょう。交渉や契約を円滑に進めることが可能になります。

グローバル化が身近に

さまざまな企業が海外進出を果たし、グローバル化に取り組むことはもはや珍しいことではありません。一方、現場の社員にとってはかたちだけの「グローバル化」にすぎない面もあります。身近な同僚に外国人材が増えれば、風習や言語、文化を学ぶことは必須になるでしょう。新しい完成に刺激を受け、社内の活性化につながります。

日本における外国市場にも力を発揮

国内に住み、働く外国人向けサービスを展開する折にも外国人材は有用です。日本人ではきづかないポイントや対応をおこなうこともできますし、自社の競争力も向上するでしょう。

意欲のある人材を確保できる

「日本で働きたい」と考える外国人材は、優秀でやる気のある人が多い傾向にあります。高度な知識や技術を持ち、即戦力になるというメリットがあります。

気をつけるべきポイントとは?

外国人人材の採用は、さまざまなメリットをもたらしてくれます。とはいえ、注意が必要な点もすくなくありません。気をつけるべき留意点をいくつか挙げてみます。

在留資格に注意すること

外国人が日本で働くためには、在留資格が必要です。その確認をふくめたビザの手続きなど、事務手続きが煩雑になります。雇用側も入国管理法や手続きについての知識を持ち、就労ビザの更新などサポートを欠かさないことが大切です。

労働条件に気をつけ、環境を整える

せっかく優秀な人材を確保しても、その人が力を発揮できなければ意味がありません。日本語能力の確認をしたうえで、働きやすい環境を整える必要があります。日本人と同じような労働条件を確保することも、人材定着の鍵となります。

コミュニケーション不足、孤立の解消に努める

考え方や習慣の違いから、コミュニケーション不足になることが予測されます。外国人材が日本のルールやマナーを把握できずに孤立することもありますから、フォローは欠かせません。外国人材は家族への思いが強い傾向にありますから、私生活も配慮すべきシーンも出てくるでしょう。受け入れる側である日本人社員も、彼らの背景を理解し、積極的にコミュニケーションを図ることが大切です。

場合によっては採用活動や社員教育、人事制度などの面から変えていかなくてはならないことも考えられます。多少のコストが必要なることもあるでしょう。けれども外国人材の登用は、優秀な労働人材を確保の面で、会社の成長には欠かせないチャンスだともいえます。検討してみることをおすすめします。

投稿者:NSA Staff

2018年11月29日更新